副理事長方針

副理事長 井尾泰隆


副理事長 井尾泰隆

本年、大垣青年会議所は一つの節目を迎えます。ここまで会が存続してきたのは、70年間の先輩諸兄の運動が、如何に地域に貢献し必要とされてきたかという、何よりの証拠です。地域に求められている以上、我々は活動を止めるべきではありませんし、その活動の土台となる大垣青年会議所は、今後も存続しなければなりません。一方、近年は、毎年のように入会者数が卒業生数を下回り、必然的に現役会員数も減少の一途を辿っています。会員数が少ないから、拡大活動ができない。拡大活動ができないから、会員数が減る。そのような悪循環に陥ってしまっているのが現実です。しかし指を咥えて見ているだけでは、この流れは止められません。今一度、会員拡大の手法、更には会の在り方を見直す必要があります。様々な問題が取り巻く現代、候補者を入会に導くためのハードルは十人十色で、いずれも低いものではないでしょう。入会することによって発生するデメリットもあります。逆に、入会する動機やメリットも、個人が置かれている環境や立場によって千差万別です。候補者一人ひとりに寄り添い、場合によっては入会の障壁となっている我々の問題を改善し、デメリットを超えるメリットを示すことで、必ずや多くの同志を迎え入れることができると考えます。

入会して得ることができる最たるものは、自己の成長です。日常の生活では経験することができない様々な試練を乗り越えることで、JAYCEEとして、青年経済人として、更には一人の人間として、より成長することができるのが、この大垣青年会議所という場です。会員自身が成長し、社業や地域、そしてJC内外の人々に良い影響を与える。それに共感する人が増えれば、会は発展し、地域も更に発展する。この好循環に早急にシフトさせるため、人財の育成も拡大活動と同等に重要な任務であると考えます。

ひとづくり担当として、会のため、会員のため、覚悟を持って1年間活動してまいります。

副理事長 春山大樹


副理事長 春山大樹

2022年度に大垣青年会議所は創立70周年を迎えます。歴史ある大垣青年会議所は1952年2月に設立され、数々の困難を乗り越えながら先輩諸兄がこの西美濃地域と70年という長い月日を繋いで頂いてきました。

一方で世界的には新型コロナウイルス感染症拡大により、全ての人々が今までの生活を送ることを脅かされています。大垣青年会議所や各会員も活動や運動を今までのように行うことができていません。

70周年を迎えるにあたり、地域みらい創造基金の運用計画で70周年記念式典、70周年記念誌、70周年記念事業に多くの予算が計画されています。しかしながら大垣青年会議所の現状は、会員数が減少し経験年数の浅い会員が多くを占めています。更にはJCが単年度制で組織や事業が常に新しくなるという良い部分がある反面で、外部との繋がりの維持や実績の継承が難しい部分も考えられます。

70周年記念式典、70周年記念誌では周年という節目の年に今まで大垣青年会議所を支えて頂いた方々との繋がりを再構築、維持をする必要があると共に大垣青年会議所として目指している方向性を共有し、外部に伝える機会にします。

70周年記念事業では新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、社会情勢が著しく変化をしている中、更には外出自粛による経済の悪化などの影響も見受けられる状況下において、我々大垣青年会議所が70周年という節目の年を迎えるタイミングで、今まで活動や運動を支えて頂いた西美濃地域に感謝の心を持って、変化を起こし、地域住民一人ひとりが前を向き、未来を切り開いて乗り越えていく契機とします。

また、日本青年会議所はじめ、その他様々な対外事業の窓口となり、大垣市青年のつどい協議会への参画や社團法人花蓮國際青年商會との交流についてもWebなどを活用しながら継続していきます。

会員が今後の大垣青年会議所の方向性を共有し、一丸となってインパクトを起こし、明るい未来へと導くための先駆けとなるべく1年間邁進していきます。

副理事長 嶋崇志


副理事長 嶋崇志

「ニューノーマル」社会に大きな変化が起こり、変化が起こる以前とは同じ状態に戻ることができず新たな常識が定着すること。その転換点に立ち会っている我々だからこそ、歩みを止めず、意見を交え、議論をし、行動を起こすことができるのではないでしょうか。逆にいえば変化が起きる以前の状態に戻すことができるのも我々ではないでしょうか。失敗を恐れず、人間が本来失ってはいけないもの「絆」、「繋がり」、「想い」を今一度取り戻しましょう。

今年度、「まちづくり」ではSDGsを念頭に置き、「ひと」や「まち」等西美濃の社会課題を改めて考え直します。身の回りで起きていることから目を背けず、当事者意識を持ち、基礎的な目標を定め、社会課題解決に向けた事業を展開していきます。

また、本年度は2020年から2022年の3年間における運動の方向性を示す「最重点ビジョン」の計画期間の最終年度となります。新型コロナウイルス感染症の影響で理想としている運動ができませんでしたが、2020年からの運動を振り返り、2023年以降の大垣青年会議所の運動の方向性を示す意味でも会員同士が話し合い、次世代を担う若い世代にバトンタッチができるような策定を進めていきます。

そして、広域連携事業である「ツール・ド・西美濃」は、昨年新たな運営方法のもと、開催されました。新型コロナウイルス感染症拡大が予断を許さない中ではありますが、手法に捉われず、本来の目的である「枠を越えた広域連携」、「住民が主役のまちづくり」を実現するためにも本年度の運営方法にアップデートした形を創造し、関係者の皆様と協議しながらより強固な西美濃連携ができるよう推進していきます。

ただ待つのでは無く、望むだけでは無く、自らが能動的にチャンスを掴み取りにいく。そのような会員が増え、会の意識改革が行われるよう、卒業を迎える最後の1年、チャレンジ精神を貫き大垣青年会議所の力となれるよう邁進していく所存です。

Copyright © Junior Chamber International Ogaki.
ページトップ