TOPICS

輪之内町、輪之内町社会福祉協議会・公益社団法人大垣青年会議所 「災害時における協力体制に関する協定」締結式

2021年7月26日

2021年7月20日
輪之内町役場にて、輪之内町、輪之内町社会福祉協議会、公益社団法人大垣青年会議所の3者による災害時における協力体制に関する協定」の締結式が執り行われました。
今回の協定は、輪之内町内で自然災害、大規模事故、ウイルス等の疫病蔓延による緊急事態宣言等の他、住民の生命、身体及び財産に重大は被害が生じる事態が発生した際に、輪之内町が開設し、輪之内町社会福祉協議会が運営する災害ボランティアセンターに関して、大垣青年会議所に被災者の生活に関する支援・協力を要請し、迅速かつ総合的な支援活動等の協力体制の構築を図るものです。
締結式では、輪之内町長 木野 隆之 様、輪之内町社会福祉協議会 会長 神戸 孝司 様、大垣青年会議所 理事長 原 秀輔 君による協定書への署名がなされました、3者による協定書への署名のあと、記念撮影が行われ、次いでそれぞれのご挨拶、歓談がありました。
輪之内町長 木野 隆之 様からは、災害時においては様々な事態が想定され、今回の協定で大垣青年会議所の皆様のご協力を頂けるのはありがたいというお話がありました。また、輪之内町社会福祉協議会 会長 神戸 孝司 様からは輪之内町は災害が多い土地でもありながら、地域の結束も強い地域であり、今後も社会福祉協議会として有事の際には尽力をしたいとのお話がありました。大垣青年会議所 理事長 原 秀輔 君からは、有事の際には青年会議所の連携を生かし、地域の皆様のお役に立てるよう取り組みたいとお伝えしました。
本協定の締結を機に、より地域の防災等に貢献できるよう取り組んで参ります。

写真①「災害時における協力体制に関する協定」締結式 記念写真

写真②「災害時における協力体制に関する協定」署名の様子

Copyright © Junior Chamber International Ogaki.
ページトップ